6年春から秋 役に立った本・教材 算数 4年生・5年生

【算数】おすすめの計算問題集【計算力アップ・計算ミス防止】

中学受験計算
Sponsored Link

計算は「速くて正確」でなくてはならない

受験生なら誰にとっても、算数における計算問題は絶対落とせない問題。なのになぜか間違えてしまう。理由は色々ありますが、そこを「ミスだから」の一言で片付けてしまうといつまで経ってもミスはなくならない状態に。

特に難関校を受験する場合は、計算は「速くて正確」であることが必須。最初に出てくる計算問題だけでなく、その後続く文章問題にも、先生による計算上の「ワナ(ひっかけ)」が潜んでいるので注意が必要です。

学校や塾の先生方は作問時も色々考えられていて、「ちょっとココの数を変えるだけで正答率が変わるんですよ」ということを幾度か聞いたことがあります。それを乗り越えてこその正解なので、そのためにも正確な計算力は欲しいところです。

計算ミスの原因はさまざま

我が家でも計算には苦労していて、特に娘が4・5年生の時は、テストでも「なにこれ!」というような計算ミスをすることがありましたが、6年秋以降には随分減りました。本人の意識が変わってきたということが一番大きかったのだと思いますが、そこに至るまでには幾度となく親からも声がけもしました。

娘の場合は速く解き終わることに喜びを感じるタイプなので、暗算に頼りすぎている所があり、それがミスを呼ぶということもよくありました。2桁×2桁の掛け算を暗算して間違えるとか。なぜ筆算をしないのかと聞くと「暗算のほうが早いから」と言う。でも間違ったら意味ないんですよね。

この時につい「必ず筆算しなさい」と言ってしまうのですが、あながち「常に筆算が正しい」訳ではないということに気づきました。やはり暗算は速い。難関校を目指す子たちはやはり、いちいち筆算なんてやってられない。

暗算と筆算を使うバランスが難しいのですが、やはり「暗算は正確にやる、桁が増えたり、答えに不安を感じたら筆算もする」という使い分けを子ども自身の判断でやってもらうしかないな、という結論に至りました。線引きがアバウトな気がしますが、むしろその結論に至ってからのほうが不思議とミスは減りました。

そして6年の12月ごろからは第一志望校に向けた対策として、大問1(1)(2)でよく出る「式が長く複雑な四則演算」の問題を毎朝5~6問解くようにし、それを前日まで続けました。この計算問題集は志望校対策としてやっておいて良かったです。下記でご紹介します。

直前期に・・・

入試まで3週間となった頃、日能研から「これを毎朝やって」と計算&漢字プリントを渡されました。

全てのプリントの下に「入試まであと●●日」とカウントダウンと「受験生に向けた気合いのひとこと」が載っていいるもので、問題レベルとしては易しめだったものの、このカウントダウンと「ひとこと」が毎朝娘の気持ちを静かに盛り立ててくれました。塾はこういう所がうまいですね。

おすすめ計算問題集

4年~6年夏

いずれも同じシリーズの問題集。とにかく問題数が多く、学年が進むとレベルも上がるので計算練習には打ってつけです。とはいえ塾からも日々の計算問題集を渡されているでしょうから、長期休みの時や計算力をつけたいときなどにオプションとして取り組むと長続きすると思います。

もっと下の級向けもありますが、中学受験生であればこの2級・1級がお薦めです。これはxを使った「移項」の練習に使えます。

方程式は正確には中学生の数学に含まれる単元ですが、この計算問題集ではその前段の練習ができます。表紙の印象とは異なり、中学受験生にはちょうど良いレベルの練習が出来る問題集だと思います。

ここがさらさら解けるようになると、文章題での立式から解答も出しやすくなるので、やっておいて損はありません。

6年生であれば「1級」がおすすめ。娘の場合は夏休みに毎朝の日課として、移項を使うページのみをやりました。問題数もそれなりにありますので、更にもう一歩計算力を上げたい!というお子さんにはぴったりだと思います。

 

ずばり方程式の解法練習で使いました。字も大きく易しいのでおすすめ。

ただしこの本は問題集であり解法の説明は載っていませんので、方程式の扱い方を教えたい場合はこれとは別に中学生向けの教科書(あるいはそれに近い、説明が丁寧なもの)を使って教えてあげてください。

方程式が中学受験生に必要かについては以下の記事を参照願います。

中学受験算数
参考中学受験の算数、方程式は禁物?【それでも使う場合は・・】

続きを見る

 

こちらの本も有名ですが、計算のテクニック的な部分もあるので、直前期ではなく5年の末や6年の頭くらいにやるほうが良いかも。

直前期(12月~)

受験直前期に毎日やっていた計算問題集はこれです。この本もかなりの膨大な量を掲載。しかも計算の種類別、レベル別に分かれているので、やるべきことを選びやすい。

受験期は本当に思い切ってやるべきページを絞って、受験本番当日までやったのを覚えています。最初はバツもありましたが、徐々に満点の日が増えていくようになり、この本によって計算における「最後の仕上げ」が出来たと思っています。

まとめ

たかが計算、されど計算。たった1つの計算ミスで合否が決まることさえある受験において、計算力は確実につけておく必要があります。

我が家の娘も計算ミス頻発でしたが、最後の最後にぐっとミスが減りました。それが合格につながったと感じています。

塾から配布された計算だけでは物足りない時、自宅学習で力をつけたい時、計算ミスが多くて困っている時・・・上に紹介した本を参考に、それぞれの学年や時期に合った計算問題集をプラスしてみて下さい。きっと効果は表れます。

-6年春から秋, 役に立った本・教材, 算数, 4年生・5年生

Copyright© 中学受験ブログ-日能研から女子学院へ- , 2020 All Rights Reserved.